Twitter

アプリというものはどういうものなのか

初代アプリとしては、imodeで利用できるようなアプリケーションソフトウェアから始まったのが始まりです。
ImodeにはJAVA環境があり、その環境下でアプリケーションが実行できます。
現在では、iphoneやアンドロイドという携帯向けOSを搭載した新しい形の携帯電話というか携帯端末持ち運びできる電話ができるパソコンという感じです。
今までの携帯電話とちがって、IP通信というものをおこなっており、PCと同じような通信方法でやりとりをしているため、携帯電話でもSKYPEなど無料で通話ができるアプリなどを利用して通話出来るようになっています。
現在はアンドロイドとiphoneの2種類で競争している状態です。
とうぜんOSが違うので動作出来るアプリケーションも変わってきます。
Iphoneで動くからと言ってアンドロイドで動くとは限りません。
たまたま動くアプリケーションがある場合もありますが、ほとんど全部動かないと思います。
スマートフォンが出てきてアプリという表現が一般的になってきていますが、もともとパソコンの世界ではアプリケーションソフトはいろいろと動作しています。
スマートフォンで簡単にゲームソフトや占い系ソフト等が簡単にダウンロード出来るようになっている現在のこの環境を、20年前では考えもつかなかった世界です。
アプリと言われるモノには無料でできるものから有料でできるものまであります。
種類も多数あります。
ゲームソフトから事務用ソフトなどビジネス系ソフトまであります。
アプリの動作というのは、アプリが置かれているサーバーから携帯端末にダウンロードしてそのダウンロードされたアプリをJAVAの環境の下実行して遊ぶことができます。
実行するときは携帯内で全て実行するので通信は最初のダウンロード時だけサーバーにアクセスするので通信をしないため、実行速度は早くなります。
あとは、携帯の空きメモリーの容量によって変わってきます。